振り込め詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺、架空請求詐欺についての注意

オレオレ詐欺とは?
息子や孫などを装い、会社でのトラブルや横領の補填金などを名目に現金を騙し取る手口です。警察官などをかたって、現金やキャッシュカードを自宅などに取りにくるケースもあります。 警察官や肉親などを装って電話でお金の振り込みを要求する「振り込め詐欺」が多発しています。

融資保証金詐欺とは?
金融機関やその関連会社などを装い、実際には融資をしないにもかかわらず、融資する旨の文書等を送付して、申し込んできた者に対し、保証金等を名目に現金を騙し取る手口です。 保証金の名目で融資前にお金を振り込ませることはありません。 「簡単審査」「低金利」「保証人不要」などの甘い言葉に騙されないようにしましょう。
※広報紙や音声を聞いて、融資保証金詐欺の抵抗力をつけましょう!!

還付金等詐欺とは?
社会保険庁や税務署などの職員を名乗り、「税金や医療費等を還付します」「今すぐATMへ行って下さい」と電話をかけ、ATMへ行かせます。ATMコーナーでは、被害者にあらかじめ指示しておいた番号に電話をかけさせたうえATMを操作させ、還付手続きをしているように見せかけますが、実は犯人の口座にお金を振り込ませるという手口です。

架空請求詐欺とは?
手紙・はがきまたはメールなどを利用して、アダルトサイトや出会い系サイトの利用料など架空の事実を口実とした料金を請求し、現金を騙し取る手口です。

警視庁をはじめ各所の警察より注意喚起がなされています。特にお年寄りが被害にあうケースが多いので、詐欺にあわないために、日頃から心がけておく必要があります。

注意喚起:警視庁

注意喚起:兵庫県警


インターネット不正請求実例

架空請求書 実例